ベトナムを「B1」に格下げ、政策不備で-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・ インベスターズ・サービスは15日、ベトナムのソブリン債格付け を引き下げた。インフレ加速に加え、「マクロ経済の不安定」をも たらした政策の不備を理由に挙げた。

発表資料によると、ムーディーズはベトナムの長期外貨建て債 務格付けを「B1」とし、従来の「Ba3」から1段階引き下げた。 見通しは「ネガティブ(弱含み)」。B1は投資適格級を4段階下回 る水準で、ブルームバーグのデータによれば、スリランカやモンゴ ルと同等の格付け。

ムーディーズのシニア・バイスプレジデント、トーマス・バー ン氏(シンガポール在勤)は、「金融政策を効果的に引き締めるこ とや、市場の圧力に沿って為替相場の下落を容認することを避ける 姿勢が、国際収支を悪化させ、対外的な支払いをめぐる危機のリス クを高めた」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE