今日の国内市況:TOPIXが3日続伸・債券は反落、ユーロ下落

日本株相場はTOPIXが小幅な がら3日続伸し、連日で6月以来の高値を更新した。米国の消費関連 指標が市場予想を上回るなど米景気改善への期待が広がり、輸送用機 器や精密機器など輸出関連株の一角が高い。商社など卸売株のほか、 アナリストの格上げを受けた電通などサービス業も上昇。

TOPIXの終値は前日比0.53ポイント(0.1%)高の902.42。 前日終値を挟んでもみ合う場面が多かったがプラス圏で引け、終値で 6月21日以来の高値を更新した。一方、日経平均株価は6円99銭 (0.1%)安の1万309円78銭と小反落。東証1部33業種は15業種 が上昇、17業種が下落、変わらず1。騰落銘柄状況は値上がりが895 と、値下がりの591を上回った。

14日の米国市場では、11月の小売売上高が市場予想を上回った。 米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明では、来年6月にかけて 6000億ドルの国債を購入する方針を堅持した。米景気期待が高まり、 同日の米10年債利回りは3.5%付近まで急上昇。5月中旬以来の高水 準に達した。S&P500種株価指数、ダウ工業株30種平均は08年9 月以来の高値を更新した。

東京市場ではトヨタ自動車やソニー、オリンパス、テルモなど輸 出関連株の一角が上昇。卸売、情報・通信、不動産なども上げた。た だ、東証1部の値上がり、値下がり銘柄数の割合を示す騰落レシオは 14日に150%に達した。経験則的には120%超えで売りが出やすいと 判断され、相場の過熱を示唆している。

高値圏の投資家心理に影を落としたのが、日本銀行の企業短期経 済観測調査(短観)12月調査。大企業・製造業の業況判断DIは市場 予想を上回ったものの、2009年3月調査以来7期ぶりに悪化した。円 高やエコカー補助金制度の終了による駆け込み需要の反動などが影響 した格好。先行きDIのマイナス幅が拡大した鉄鋼、パルプ・紙株が 売られ、東証1部33業種の下落率上位を占めた。

特に鉄鋼は、TOPIXが直近安値11月2日から、半年ぶりに 900ポイントを回復した前日までの上昇率が17%。TOPIX全体の 12%を上回っており、売りに押されやすかった面もある。同期間の上 昇率上位だった石油・石炭製品もきょうは軟調だった。

債券先物、一時8カ月ぶり安値

債券相場は反落。前日の米国市場で、経済指標の改善を背景に景 気回復期待が強まり、米国債相場が急落したのを受けて売りが優勢と なった。先物相場は一時8カ月ぶり安値まで下げた。ただ、長期金利 が節目の1.3%に接近したことで投資家から買いが入り、午後には相 場は下げ幅を縮めた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回 りは、前日比2.5ベーシスポイント(bp)高い1.275%で始まり、一 時は4.5bp高い1.295%まで上昇。新発10年債としては5月18日以 来の高水準を付けた。午後1時40分すぎには横ばいの1.25%まで戻 し、その後は横ばい圏で推移している。

中期債も朝方に売り込まれた。新発5年債利回りは一時6.5bp高 い0.60%まで上昇し、昨年11月以来の0.6%台に乗せた。その後は買 いが優勢となり、前日比0.5bp低い0.53%に下げている。

東京先物市場で中心限月3月物は反落。前日比55銭安の138円 60銭で始まり、午前には99銭安の138円16銭まで下落。中心限月ベ ースでは4月7日以来、約8カ月ぶりの安値を付けた。午後には徐々 に下げ幅を縮め、20銭安の138円95銭で引けた。

14日の米国債相場は大幅反落。米10年債利回りは20bp上昇の

3.47%程度。一時は3.49%と約7カ月ぶりの高水準を記録した。

ユーロ下落、スペイン格下げ方向

東京外国為替市場では、午後に米格付け会社がスペインの格付け を引き下げ方向で見直すと発表したのを受けて、ユーロ売りが加速。 前日の欧州時間に3週間ぶりユーロ高値(1ユーロ=1.3499ドル)を つけたユーロ・ドル相場は早朝の1.33ドル台後半から一時、1.33ド ル台を割り込んだ。

ユーロは対ドルで一時、1.3290ドルまでユーロ安・ドル高に振れ、 午後4時20分現在は1.3310ドル。1ユーロ=111円台後半を中心に もみ合っていたユーロ・円相場も一時111円44銭までユーロ売りが進 んだ。ドル・円は同時刻に、83円85銭前後。

米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは15日、スペインの 格付けを「Aa1」から引き下げ方向で見直すと発表した。前日には スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がベルギーの債務格付け 見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げている。

一方、ドルは上昇。米経済指標の上振れやFOMCで米金利上昇 へのけん制がなかったことなどを手掛かりに米債利回りが急上昇し、 ドルが買われた海外市場の流れが続いた。

ドル・円相場は1ドル=83円66銭付近で東京市場を迎えた後、 一時83円96銭までドル高が進行。日米金利差拡大を意識したドル買 い・円売りが先行した。米金利主導の展開が続くなか、短観への反応 は限られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE