コーセル株が午後急落、受注減速で通期業績予想を下方修正-減配も

スイッチング電源の標準品で2位 のコーセル株が午後の取引で急落。一時前日比5.9%安の1162円まで 売られた。過剰感を背景とした半導体設備投資抑制による受注減など を理由に、今期(2011年5月期)業績予想を下方修正すると午前の取 引終了後に発表、収益環境の悪化を警戒する売りが膨らんだ。

同社が午前11時に公表したリリースによると、新しい今期の連結 営業利益予想は前期比72%増の51億8000万円と、従来計画の59億 8000万円から13%下振れる。スイッチング電源市場では、医療、環境、 制御機器関連の需要拡大は期待されるものの、半導体市場での設備投 資抑制の動きが響き、全般的に低調な推移を見込む。実際、これまで の想定に比べ受注は減少しており、今回の下方修正に至った。売上高 も従来予想から4%引き下げている。

想定利益水準の低下に伴い、期末配当予想も1株当たり14円と前 回予想から3円減配、年間では30円とする方針も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE