NY原油時間外:続落、87ドル台-燃料在庫増や米景気回復への懸念で

ニューヨーク原油先物相場 はロンドン時間15日の時間外取引で続落。先週の米燃料在庫が 増加したことや米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が米景気 回復について「残念ながら遅い」との認識を示したことが嫌気さ れた。

相場は一時、0.9%下落。FOMCは米経済の回復が不十分 だとして、景気刺激策を維持することを決めた。米石油協会(A PI)が発表したヒーティングオイル(暖房油)在庫は10月29 日終了週以来の高水準に達し、ガソリン在庫も3週連続増となっ た。米エネルギー省は15日に先週の在庫を発表する。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は 一時、84セント安の1バレル=87.44ドルを付けた。ロンドン 時間午前9 時23分(日本時間午後6時23分)現在、87.54ド ルで推移している。年初来の上昇率は10%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE