ユーロは対ドルで上昇も、利回りスプレッド拡大で-シティグループ

【記者:Lukanyo Mnyanda】

12月14日(ブルームバーグ):ユーロは対ドルで上昇する可能 性があると、米銀シティグループが指摘した。米連邦準備制度理事 会(FRB)の米国債購入計画によって、2年物ドイツ国債の米国 債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が拡大するためだとして いる。

シティの為替ストラテジスト、バレンティン・マリノブ氏(ロ ンドン在勤)は14日付リポートで、「欧州中央銀行(ECB)は依 然としてFRBよりタカ派だとみられており、ユーロの対ドル相場 は2年債スプレッドによる循環的な下支えを引き続き受けられる だろう」と指摘。「FRBは米国債利回りの上昇圧力が続くようで あれば、資産購入を加速する可能性を示唆するかもしれない」と予 測した。

ドイツ2年債は14日、同年限の米国債に対するスプレッドが 46ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となり、終値ベース で11月22日以来最大となった前日の48bpから縮小した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Lukanyo Mnyanda in London at +44-20-7330-7273 or lmnyanda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE