日空ビルが急反発、羽田国内線の施設利用料値上げを国交省が認可

羽田空港ターミナルビルの家主であ る日本空港ビルデング株が一時、前日比6.3%高の1319円と急反発。同 社は14日、国土交通相の認可を受け、羽田空港の国内線旅客取扱施設利 用料の値上げ届出を行ったと発表。今後の採算改善を見込む買いが優勢 となった。値上げ実施は2011年4月1日搭乗分からで、出発および到着 旅客各1人当たり大人(満12歳以上)で現行の消費税込み100円から170 円、小人(満3歳以上12歳未満)で50円から80円に変更される。利便性 向上に向けた第2旅客ターミナルビル増築工事などの固定費用増加分を 回収するためで、現行通りに航空券に含ませ徴収する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE