欧州委:投資信託会社のボーナス規制も-報酬体系がリスクテーク促す

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会は、銀行やヘッジファンド会社と同様のボーナス規制を投 資信託運用会社にも課す可能性があることを明らかにした。

欧州委は14日公表した報告書で、投資信託会社が「過度のリスク テーク」のインセンティブを提供する「報酬体系」と「全く無縁では ない」との見解を示した。

欧州委は金融危機の発生を踏まえて、投資信託に関する統一規則 であるUCITSにおいて投資家保護の一層の調和を推進する措置に ついて意見公募を行う。

EU監督当局が過度なリスクテークを促すインセンティブの規制 を今月10日に承認したことを受けて、バンカーや一部のヘッジファン ド運用担当者は、年明けから基本給と比較したボーナスの額と現金で の支給に制限が課される。新規制では、バンカーが即時現金で受け取 るボーナスの上限を総額の約25%に設定し、残りは最低3年間支払い を繰り延べるか株式での保有が義務付けられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE