米MMF、11月の買い越し額はほぼ2年ぶり高水準-モーニングスター

米国のマネー・マーケット・ファ ンド(MMF)の11月の資金動向は、247億ドル(約2兆700億円) の買い越しとなった。2009年1月以来ほぼ2年ぶりの大幅な純増。金 利が上昇する中、株式や債券のファンドから資金が流出した。

調査会社モーニングスター(シカゴ)が14日、リポートで明らか にした。株式ファンドの売り越し額は19億ドル、債券ファンドは15 億ドルだった。地方債ファンドからの流出が響いた。

モーニングスターのエディトリアルディレクター、ケビン・マク デビット氏は「11月には投資家の姿勢が消極的になった」と指摘した。

モーニングスターによると、世界最大の投資信託「PIMCOト ータル・リターン・ファンド」(運用資産2500億ドル)は11月の資 金流出入が19億ドルの純減だった。

-- Editors: Josh Friedman, Christian Baumgaertel

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Charles Stein in Boston at +1-617-210-4615 or cstein4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christian Baumgaertel at +1-617-210-4624 or cbaumgaertel@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE