ウィキリークス創設者の保釈認める-スウェーデンの抗告で拘置続く

英裁判所は14日、米機密情報を 流出させた内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・ アサンジ容疑者の保釈を認めた。保釈決定したハワード・リドル裁判官 は性的暴行などを行ったとされる同容疑者のスウェーデンへの身柄引き 渡しの是非について審理に当たっている。

アサンジ容疑者の保釈申請は、保釈金24万ポンド(約3200万円) の支払いに加え、旅券の提出、電子タグの装着などの条件付きで承認さ れた。リドル判事は14日、ロンドンで、英検察当局がスウェーデンに 代わって抗告手続きを完了するまで、同容疑者は拘置されるとの判断を 示した。

リドル判事はまた、同容疑者が報道関係者向けクラブを運営する友 人宅に1日8時間滞在することなども保釈条件とした。同判事はアサン ジ容疑者が逮捕された7日の保釈申請は認めなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE