NY外為:ドル上昇、欧州債務危機と米経済指標で買い

ニューヨーク外国為替市場で はドルがほとんどの主要通貨に対して上昇。スペイン格下げの可能性 を背景にユーロ圏の金融危機が拡大しているとの懸念が再燃、安全通 貨としてのドルに買いが集まった。

ドルはユーロに対して上昇。この日発表の米経済指標では、景気 回復が進行している一方、インフレは低水準にあることが示された。 ドルは円に対しては伸び悩んだ。投資家による持ち高解消が背景。カ ナダ・ドルもほとんどの主要通貨に対して上昇。11月の米鉱工業生 産指数が市場予想を上回る伸びとなったことが手掛かりになった。

みずほフィナンシャル・グループの米通貨セールス担当責任者、 ファビアン・エリアソン氏は、「欧州の債務をめぐる不安が続き、ユ ーロを圧迫している」と指摘。「全体的な欧州情勢と、その解決方法 が不透明だからだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時40分現在、ドルはユーロに対して前 日比1.1%高の1ユーロ=1.3235ドル(前日は1.3378ドル)。 ドルは円に対して0.7%高の1ドル=84円24銭。一時は84円 51銭まで値上がりする場面もあった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時1.2%高と3日ぶりの高値となった。

対米証券投資

米財務省がこの日発表した10月の対米証券投資統計によると、 外国の政府と投資家の中長期金融資産取引額は外国人からみて276 億ドルの買い越しとなった。買越額は前月の772億ドル(速報値 810億ドル)から縮小した。ドルは10月に円に対して3.8%安、 ユーロに対しては2.3%下げていた。

欧州連合(EU)加盟国の首脳はユーロ圏の恒久的な債務危機対 応メカニズムを承認するため、16、17両日にブリュッセルで会議を 開催する。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスはこ の日、スペインの信用格付け「Aa1」を引き下げ方向で見直すと発 表した。ギリシャやアイルランドに次いでスペインも救済を模索する 可能性があるとの懸念が強まるなか、スペインは16日に今年最後の 国債入札を予定している。

ムーディーズの試算によると、スペインは来年1700億ユーロ を調達する必要がある。地方政府の借り入れニーズは総額300億ユ ーロ、銀行のニーズは約900億ユーロになるという。その上で、ス ペイン救済が必要になる可能性は高くないと指摘した。

トラベレックス・グローバル・ビジネス・ペイメンツの市場アナ リスト、ジョー・マニンボ氏は、「ムーディーズのリポートはEU首 脳会議の前日に発表されたことで、ユーロの値動きはより抑制された ものとなった」と述べた。

ユーロの見通し

シティグループは、米国資産への需要が減退し国債が下落すれば、 ユーロはドルに対して来年は11%戻すとの見通しを示した。両通貨 が1970年代および90年代にみられた取引と同じような動きになる と予想した。70年代には住宅市場が最近と同様の落ち込みとなった ほか、90年代は債券相場が低迷した。

カナダ・ドルは米ドルに対して0.3%高。ユーロに対しては

1.3%上昇の1ユーロ=1.3288カナダ・ドルと、3日以来の高値 となった。

トロント・ドミニオン銀行のチーフ通貨ストラテジスト、ショー ン・オズボーン氏は、「カナダ・ドルは米経済指標の改善に伴う現在 の北米買い、北米売りのメンタリティーから恩恵を受けている。米国 にとって好ましいことは、多かれ少なかれカナダにとっても好ましい と受け止められている」と述べた。

11月の米鉱工業生産は、市場予想を上回る増加となった。コン ピューターや家電製品が伸びた。

米労働省が発表した11月の米消費者物価指数(CPI、季節調 整済み)は前月比0.1%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミストの予想中央値は0.2%上昇だった。前月は0.2%上 昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE