日銀短観:大企業・製造業DIはプラス5-7四半期ぶり悪化(訂正)

日本銀行が15日発表した企業短 期経済観測調査(短観、12月調査)によると、大企業・製造業の業況 判断指数(DI)はプラス5(前回はプラス8)となり、7四半期ぶ りに悪化した。事前の予想調査ではプラス3が見込まれていた。DI は、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」の割合を引いた 指数。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE