FOMC:市場関係者のコメント-アトランタ連銀元調査局長

米連邦準備制度理事会(FRB) は14日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、 来年6月にかけて6000億ドル(約50兆円)の国債を購入する方針 を堅持した。また、経済成長ペースは失業を減少させるには不十分だ として、政策金利を「長期にわたり」低位にとどめる方針をあらため て示した。これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎アトランタ連銀の元調査局長のロバート・アイゼンバイス氏:

「声明が言っているのは、雇用と景気浮揚が優先課題であり、量 的緩和第2弾の根拠が依然として有効だということだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE