NY原油(14日):下落、FOMCは国債購入規模を変更せず

ニューヨーク原油先物相場は 下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)は6000億ドルの米国債 購入プログラムを変更しなかった。

FOMCは声明で、経済の回復は継続しているものの、そのペ ースは失業を減少させるには不十分だと指摘し、国債購入プログラ ムを維持すると表明した。ブルームバーグがまとめた調査によると、 エネルギー省が15日に発表する統計では、先週の原油在庫は減少 したと予想されている。

コンサルティング会社、プレステージ・エコノミクス(テキサ ス州オースティン)のジェイソン・シェンカー社長は、「国債購入 プログラムの規模が引き上げられるとの憶測があった」と指摘。「発 表以降のドルは堅調地合いにあった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前 日比33セント(0.37%)安の1バレル=88.28ドルで終了した。 過去1年では27%上昇している。

原題:Crude Oil Falls as Federal Reserve Maintains

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE