欧州株:7日続伸、米小売売上高が予想上回り-ルフトハンザが高い

欧州株式相場は過去6カ月弱 で最長となる7営業日続伸。11月の米小売売上高が予想を上回る伸 びとなり、資源株や自動車株が下落したことに伴う影響を打ち消した。

仏蘭系航空会社エールフランス・KLMグループや同業でドイツ のルフトハンザ航空が上昇。クレディ・スイス・グループが両銘柄の 投資判断を引き上げたことが買いを誘った。

一方、ドイツのテレビ局、プロジーベンSAT1メディアは

5.7%下げた。2011年に身売りする可能性があるとの独紙ウェルト の報道が嫌気された。フィンランドのステンレス鋼メーカー、オウト クンプは5.4%下落。10-12月(第4四半期)業績が従来見通しを 下回ると明らかにしたことが売り材料。自動車株は19産業グル ープの中で最大の値下がりとなった。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%高の277.65で終了。 一時は0.3%下げた。同指数は7日続伸で、2年余りの最高となった。 インフレが加速したものの、中国が利上げを見送ったことなどが指数 上昇につながった。

WGZ銀行(デュッセルドルフ)の株式部門責任者、マチア ス・ヤスパー氏は、「投資家はすでにポジション設定を終えている ため、極めて閑散とした取引だった」と述べ、「投資家は今、追加の リスクを取る用意がない。株式はそのほかの資産と比較してまだ魅力 的なことから、戦略的に株式を来年はオーバーウエートにしておく必 要がある」と続けた。

米商務省が14日に発表した11月の小売売上高は前月比

0.8%増と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 の中央値である0.6%増を上回った。10月は1.7%増だった。

14日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が上昇。 エールフランスは1.4%高、ルフトハンザは1.7%上げた。クレデ ィ・スイスは両銘柄の投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフ ォーム」に上方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE