米生産者物価指数:11月は0.8%上昇、ガソリンと食品が高騰

11月の米生産者物価は8カ月 ぶりの大幅な伸びとなった。ガソリンや燃油、果物が大きく値上が りした。

米労働省が発表した11月の生産者物価指数(PPI)全完成 品は前月比0.8%上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミストの予想中央値は0.6%上昇だった。前月は0.4%上昇。

11月の食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.3%上 昇となった。乗用車や医薬品の値上がりが反映された。前月は

0.6%低下だった。

前年同月比では、PPI全完成品が3.5%上昇(前月4.3%上 昇)。コア指数は1.2%上昇(前月1.5%上昇)で、5カ月ぶりの 小幅な伸びにとどまった。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエ コノミスト、ラッセル・プライス氏は統計発表前に、「商品やエネ ルギーの価格はここ数カ月上昇しているが、コア指数の伸びは依然 として非常に弱い」と指摘。「この状況は、米連邦準備制度理事会 (FRB)にある程度の安心感を与えるものだ。これまでのところ、 景気シナリオはFRBの動きを支持する形となっている」と述べた。

項目別では、新車価格が前月比1.7%上昇と、2006年以降で 最大の伸び。10月は3%低下していた。ライトトラックは11月に 前月比0.3%上昇。前月は4.3%低下だった。

食品は1%上昇。卵は23%上昇と、09年4月以来の大幅な伸 び。果物は14%上昇と、09年12月以降で最大の値上がりとなっ た。

エネルギー価格は2.1%上昇。ガソリンは4.7%、燃油は7% それぞれ上昇した。

中間財の価格は前月比1.1%上昇。前年比では6.3%上昇した。 原材料価格は前月比0.6%上昇した。

リックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE