グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が約1週間半ぶり高値を付 けた。14日に発表される11月の米小売売上高は増加が見込まれて おり、これを手掛かりに輸出関連株が値上がりした。

米ウォルマート・ストアーズなどへの納品業者で最大手、リ ー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.6%高。フーバーの電機 掃除機やリョービの電動工具などの生産を手掛けるテクトロニッ ク・インダストリーズ(創科実業、669 HK)は5.7%高。

金属価格上昇を受けて、アルミニウム生産で中国最大の中国ア ルミ(チャルコ、2600 HK)は1.3%の値上がり。国内石炭最大手 の中国神華能源(1088 HK)や、海洋油田開発で同国最大手の中国 海洋石油(CNOOC、883 HK)も高い。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、スティーブ ン・レオン氏は、輸出企業が「景気回復のシナリオ」から恩恵を受 けると予想。ただ、回復は順調ではないとみている。同氏はまた、 「市場は全般に静かで、香港の投資家は慎重になっている。現時点 で市場参加への関心はそれほど高くない」と指摘した。

ハンセン指数は前日比113.58ポイント(0.5%)高の

23431.19と、2日以来の高値で終了。米連邦公開市場委員会(F OMC)を14日に控え、上昇は限定的だった。ハンセン中国企業 株(H株)指数は同0.9%高の12865.05。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は1カ月ぶり高値に上昇。エネ ルギー株は下げたものの、ソフトウエア関連銘柄が値上がりした。 政府が新たな経済改革の一環として、同業界への投資を強化すると の観測が背景。

ソフトメーカーの用友軟件(600588 CH)と中国軟件与技術 服務(600536 CH)が高い。中国がソフト業界への優遇策を継続す る方針だとの上海証券報の報道が手掛かりとなった。

一方、原油価格下落に伴い、ペトロチャイナ(中国石油、 601857 CH)は3営業日ぶりに反落。前日までの2営業日で5%上 昇していた。中国工商銀行(601398 CH)や中国農業銀行 (601288 CH)など銀行株も軟調。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は3営業日続伸し、前日比4.12ポイント (0.1%)高の2927.08と、11月15日以来の高値で終了。上海、 深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.3%高の

3269.47。

精熙投資管理の最高投資責任者(CIO)、王征氏(上海在勤) は、中国人民銀行(中央銀行)が「週末にかけて利上げを見送った ことを受けて、株価は順調に上昇した」と指摘。「市場はここで一服 が必要だが、政府が支援を目指している業界の一部の小型株は、今 後も好調に推移し続けるだろう」と予想した。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のセンセックス30種株価指数 は1週間ぶり高値で引けた。インフレ率が11カ月ぶり低水準とな り、インド準備銀行(RBI、中央銀行)が今週の会合で利上げ休 止を決める余地が生じたとの見方が背景。

インド最大の産銅会社、スターライト・インダストリーズは

3.4%上昇。最高裁判所が同国南部タミルナド州にある精錬所につ いて、次回審理まで操業継続を許可したことが好感された。製鉄大 手、タタ・スチールは2カ月ぶり高値。需要改善に伴い欧州の一部 製品を値上げすると発表したことが買い材料となった。

インド商工省が14日発表した11月の卸売物価指数(WPI) は前年同月比7.48%上昇だった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比107.41ポ イント(0.6%)高の19799.19で終了。スターライト(STLT IN) の終値は170.60ルピー。タタ・スチール(TATA IN)は2.5%上 げ646.60ルピー。

RBIは16日に政策決定会合を開く。インフレ抑制に向けた 3月以降6回の利上げで、インドの政策金利は6.25%となっている。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比9.8ポイント(0.2%)高の4766.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比12.46ポイント(0.6%)高の

2009.05。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比3.84ポイント高の8740.43。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比5.41ポイント(0.2%)安の3176.91。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比0.79ポイ ント(0.1%)高の1510.58。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.09ポイント(0.4%)高の1037.41。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比2.57ポイント(0.1%)安の

3689.67。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比32.65ポイント(0.8%)高の

4148.03。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE