欧州債:スペイン債が7日続落、入札不調で-ベルギー債も下落

欧州債市場では、スペイン国 債相場が7営業日続落。スペインがこの日実施した25億ユーロ(約 2790億円)超の国債入札で借り入れコストが上昇したほか、追加入 札の準備を進めていることが背景にある。

ベルギー国債相場も下落。格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)がベルギーの債務格付け見通しを「ネガティブ(弱 含み)」に引き下げたことがきっかけ。アイルランドとギリシャの国 債相場も下げた。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は前日、欧 州各国の政府で域内救済ファンドの規模や用途の拡大を検討するべき だとの見解を示した。

この日はドイツ国債も下げた。経済指標で世界景気の勢いが増し つつあることが示されたことを受け、域内で最も安全とされるドイツ 国債に対する需要が後退した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、「国債入札が終了する まで、ユーロ圏周辺国の国債が上昇し始めるのは困難だろう」と述べ た。さらに欧州債務危機下で「譲れない一線を示す実質的な政策が発 表されるまで、市場のボラティリティは継続するだろう」との見方を 示した。

ロンドン時間午後4時22分現在、スペイン10年債利回りは前 日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.54%。 同国債(表面利率4.85%、2020年10月償還)価格は0.40ポイ ント下げ94.80。ドイツ10年国債利回りも6bp上昇の3.03%。

スペインがこの日実施した入札で、発行総額は目標レンジの最高で ある30億ユーロに達しなかったほか、落札利回りはソブリン債危機の 悪化で前回入札を上回った。

一方、ベルギー10年債利回りは前日比8bp上昇の4.07%。S &Pは発表資料で、「長引く政局の不透明感がベルギーの格付けを損 ねる可能性がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE