中国発改委の陳東琪氏:積極過ぎ早期過ぎる利上げはない-ロイター

中国国家発展改革委員会(発改委) マクロ経済研究院の陳東琪副院長は、中国が政策金利を「あまりにも 積極的」または「あまりにも早期」に引き上げることはないと述べた。 ロイター通信が報じた。利上げが投機目的の資本流入を促し、人民元 の上昇見通しを高めることを理由に挙げた。会議で発言したという。

ロイター通信によると、陳副院長はまた、中国政府は来年、3% のインフレ目標を堅持するべきだとも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3037 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE