香港株(終了):ハンセン指数、約1週間半ぶり高値-利豊が高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数が約1週間半ぶり高値を付けた。14日に発表される11月の米小売 売上高は増加が見込まれており、これを手掛かりに輸出関連株が値上 がりした。

米ウォルマート・ストアーズなどへの納品業者で最大手、リー・ アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.6%高。フーバーの電機掃除機 やリョービの電動工具などの生産を手掛けるテクトロニック・インダ ストリーズ(創科実業、669 HK)は5.7%高。

金属価格上昇を受けて、アルミニウム生産で中国最大の中国アル ミ(チャルコ、2600 HK)は1.3%の値上がり。国内石炭最大手の中 国神華能源(1088 HK)や、海洋油田開発で同国最大手の中国海洋 石油(CNOOC、883 HK)も高い。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、スティーブン・ レオン氏は、輸出企業が「景気回復のシナリオ」から恩恵を受けると 予想。ただ、回復は順調ではないとみている。同氏はまた、「市場は全 般に静かで、香港の投資家は慎重になっている。現時点で市場参加へ の関心はそれほど高くない」と指摘した。

ハンセン指数は前日比113.58ポイント(0.5%)高の23431.19 と、2日以来の高値で終了。米連邦公開市場委員会(FOMC)を14 日に控え、上昇は限定的だった。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同0.9%高の12865.05。

-- Editors: John McCluskey, Sam Waite

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Gentle at +852-2977-6545 or ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE