米JPモルガン:来年のジャンク債動向、5月時点の見通しを変更

米JPモルガン・チェースは、ジ ャンク債の来年の運用成績について、格付けが最低水準(「CCC」以 下)にある社債が、より高格付けのものを上回ると指摘し、5月時点の 見通しを変更した。

JPモルガンの高利回り信用ストラテジスト、ピーター・アクシ アバティ氏はリポートで、その理由として、デフォルト率が1.5%であ ることや、米経済が来年1-6月(上期)は3.75%成長、7-12月 (下期)は3.25%成長になる見込みであることを挙げた。同行は先週、 米経済の見通しを上方修正している。

ブルームバーグの集計データによると、JPモルガンは今年の高 利回り債の引き受け実績で首位となっている。

アクシバティ氏によると、ジャンク債の来年のリターンは9.8% の見込み。

-- Editors: Sharon L. Lynch, Pierre Paulden.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: John Detrixhe in New York at +1-212-617-3409 or jdetrixhe1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE