中国株(午前):上海総合指数、下落-ペトロチャイナが安い

14日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は下落。政府の業界支援を手掛かりにソフトウエア関連銘柄 は上昇したものの、エネルギーと金融株が下げた。

ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)が下落。前日までの2日 間の上昇は行き過ぎとの観測が背景。中国工商銀行(601398 CH)を中 心に銀行株も安い。一部銀行向けの預金準備率引き上げ措置が延長さ れたことを、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

一方、ソフトメーカーの用友軟件(600588 CH)と中国軟件与技術 服務(600536 CH)は上昇。中国がソフト業界への優遇策を継続する方 針だとの上海証券報の報道が好感された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現 在、前日比5.80ポイント(0.2%)安の2917.15。上海、深セン両証 取のA株に連動しているCSI300指数は同0.1%安の3258.79。

-- Zhang Shidong. Editors: Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE