独ダイムラーのメルセデス部門:10年の米高級車販売は3位の見通し

ドイツの自動車メーカー、ダイ ムラーのメルセデス・ベンツ部門は今年、米国での高級車販売台数が トヨタ自動車のレクサスやBMWのBMWブランドを下回りそうだ。

メルセデス・ベンツ米国部門のアーンスト・リーブ社長は13日、 「当社が3位になるのは間違いないと思う」との見方を示した。デト ロイトで開催されたイベントで記者団に対して語った。レクサスは 2000年以降、米国での高級車とスポーツ型多目的車(SUV)の販 売台数でトップの地位を保っているが、メルセデスとBMWは今年に 入ってレクサスとの差を縮めてきている。

各社の発表データによると、1-11月期にレクサスはBMWに 4936台の差を付けて首位を維持。BMWはメルセデスを545台上回 った。販売台数の累計には、BMWの「ミニ」やダイムラーの「スマ ート」、バンの「スプリンター」など高級車ではないモデルは含まれて いない。

リーブ社長はレクサスが今年も首位にとどまるとの見通しを示し、 販売台数の差を完全に解消できる自動車はないだろうと語った。また BMWは2位になるとの予想を示した。

ただ、同社長は「4年前にさかのぼれば、レクサスと当社の差は 7万5000台、BMWと当社の差は4万台だった」と説明。「今年の年 末時点で、レクサスとの差が6000台、BMWとが1500台に縮まっ ているとすれば、非常に上出来だと思う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE