NY原油時間外:4日ぶり高値から下落-暖房油先物安を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は14 日の時間外取引で4営業日ぶりの高値近辺から下落した。米国の寒波 が予想より厳しくないとの見方からヒーティングオイル(暖房油)先 物が下げたことを嫌気した。

ヒーティングオイル先物は一時、0.4%下落した。フロリダ州が 寒波で作物に被害が出る可能性がある中、非常事態を宣言したほか、 中西部が吹雪に見舞われたことで、ヒーティングオイルは2日ぶりの 高値まで上昇していた。米エネルギー省が15日に発表する先週の在 庫指標を前に、ブルームバーグ・ニュースが調査したところ、ガソリ ンは4週連続の増加が予想されている。

キュービット・アセット・マネジメントの最高投資責任者(CI O)、マーク・キーナン氏は「ヒーティングオイルの在庫は市場にと って強気材料にはならないだろう。今は非常に寒いが、短中期予報で は寒さは一服するようだ。ヒーティングオイル相場が売り材料になっ ている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は一時、 48セント(0.5%)安の1バレル=88.13ドルを付けた。シンガポー ル時間午前11時42分(日本時間午後零時42分)現在、88.24ドル で推移している。年初来の上昇率は11%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE