ゴールドP株ストップ高気配、丸紅系ファンドがTOB-さや寄せ期待

清涼飲料水などを手掛けるゴール ドパック株が前日比300円(26%)高の1458円ストップ高(制限値幅 いっぱいの上げ)で差し引き220万株超の買い気配。投資ファンドが株 式公開買い付け(TOB)を実施すると13日に発表。TOB価格が同 日終値比42%高の1641円に設定され、さや寄せを見込む買いが入った。

ゴールドPによると、同社の筆頭株主のフェニックス・キャピタル は9月以降、ゴールドPの新たな事業パートナーを決める入札を実施、 その結果、丸紅子会社のアイ・シグマ・キャピタルが選定された。

アイ・シグマは同社株を非公開化したうえで、事業再構築を目指す 方針。TOB期間は14日から2011年1月24日。買い付け株数の上限 は設定せず、TOB終了後、ゴールドP株は上場廃止となる見込み。ア イ・シグマは既にフェニックス(保有比率39.62%)、東京急行電鉄 (同23.34%)と、同TOBに応募するとの契約を締結したほか、ゴー ルドP取締役会も同TOBに賛同している。

ゴールドパックの総合画面   {2589 JP <Equity> BQ}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE