エール大学学長が経済重要ポスト候補に、NEC委員長など-関係者

オバマ米大統領は先週、米エー ル大学のリチャード・レビン学長と面談した。同氏は国家経済会議 (NEC)委員長や大統領の外部諮問会議議長などの経済重要ポスト の候補に浮上している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

政権関係者1人によると、レビン氏は年末にハーバード大学に復 帰する計画のサマーズ氏に代わるNEC委員長の有力候補3人のうち の1人。このほか大統領は米投資銀行エバーコア・パートナーズの創 業者、ロジャー・アルトマン氏と、ガイトナー財務長官の顧問、ジー ン・スパーリング氏も有力候補として検討しているという。

政権関係者2人によると、レビン氏は、NEC委員長など複数の ポストについて協議するためホワイトハウスを訪問した。また、関係 者1人は、大統領もレビン氏も決定していないと話した。これら関係 者らは、協議が非公開だとして匿名を条件に語った。

大統領はサマーズ氏の退任前に次期NEC委員長を指名しない公 算が大きい。ギブズ大統領報道官は13日の会見で、指名作業につい て「年末までに終了するか分からない」と述べた。

レビン氏(63)はアイビーリーグ(米東部の名門大学)学長とし ては最長の17年間にわたり、エール大学を率いてきた。同氏の下で 同大学の学部入学願書は2倍に増え、寄付金は5倍の163億ドル(約 1兆3600億円)に増えている。

レビン氏は、ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長が 現在務めているオバマ政権の経済回復諮問会議議長の有力候補として も名前が挙がっている。ただ、政権関係者1人によれば、ボルカー氏 は役職交代について意思表明しておらず、オバマ大統領は自身の任期 末までの今後2年間、会議をどう運営するかボルカー氏と議論してい ない。

ボルカー氏の広報担当者のアンソニー・ダウド氏、エール大学の 広報担当者、トム・コンロイ氏はともにコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE