元中国人民銀委員の樊氏:利上げは慎重にすべきだ-上海証券報

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の元委員、樊綱氏は流動性抑制を目的とする当局の利上げは慎重 にすべきだとの見解を示したと上海証券報が14日報じた。

それによれば、樊氏は他国との金利格差や為替相場への影響を当局 が考慮する必要性に言及。人民元の上昇加速が輸入物価の上昇抑制に役 立つとも述べたという。資本流入の規制強化と資本流出に関する政策緩 和を政府が検討すべきだとの同氏の指摘も伝えた。

上海証券報はまた、樊氏が中国の2011年成長率は約8-9%に低下 する見通しを示し、ハイパーインフレには見舞われないと予想したとし ている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 蒲原桂子 Keiko Kambara +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE