BP流出事故基金:補償迅速化を提案-個人42万円、法人210万円

メキシコ湾の英BPの油井で発 生した原油流出事故被害者への補償のため設立された200億ドル(約1 兆6700億円)規模の基金を管理するワシントンの弁護士、ケネス・フ ァインバーグ氏は、申請者に最終補償手続き迅速化を提案している。同 基金は支払いが遅いとの批判を浴びている。

ファインバーグ氏が13日、記者団との電話会議で明らかにしたも ので、手続き迅速化を受け入れた場合、2週間以内に個人は5000ドル、 法人は2万5000ドルを受け取れる。緊急支払いを受けた適格者に制限 される。申請者は最終一括払いを受ける代わりにBPや流出事故関連会 社に対し訴訟を提起する権利を放棄する。

ファインバーグ氏は「これは支払い迅速化案だ。全てに適用される わけではない」と述べた。いろいろな補償申請者の必要に応じて調整が 行われたという。

BP補償基金の運営については、政府やメキシコ湾岸地域住民から 申請に対する判定が迅速ではないと批判が集まっていた。ジョー・ボナ ー下院議員(共和、アラバマ州)はファインバーグ氏宛て11月23日 付書簡で企業が「差し迫った破綻の危機」に直面していると訴えてい た。トム・ペレリ司法次官は11月19日付書簡で「手続きのペースに 懸念を持っている」と述べた。

補償手続き迅速化を受け入れない場合は、四半期ベースの仮支払い か上限を超える最終支払いを申請する。申請期間は3年間。緊急支払い 申請の期限は11月23日だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE