日テレ株半年ぶり高値、スポット好調とタイム回復期待-大和格上げ

テレビ放送を中心に展開する日 本テレビ放送網株が反発。スポット広告が足元で好調に推移している ほか、タイム広告も来期にかけて回復が見込めるなどと一部アナリス トが指摘。収益期待で買いが先行し、一時前日比3.1%高の1万2640 円と6月25日以来、およそ半年ぶりの高値水準を回復した。

大和証券キャピタルマーケッツは13日付で、日テレ株の投資判断 を「3(中立)」から「2(アウトパフォーム)」に引き上げた。

担当の石原太郎アナリストは、今期(2011年3月期)のスポット 広告は前期比9.6%増とキー局4社で最も高い伸びが期待できるほか、 スポット広告市況がひっ迫しており、来期はタイム広告が横ばい圏ま で持ち直す見通しだと指摘。さらに、コアターゲットの視聴率が改善、 商品力が向上している点も投資判断引き上げの理由に挙げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE