【個別銘柄】石油、野村H、不動産、三菱自、NTN、日テレ、幻冬

株価変動材料が出た銘柄の終値は 以下の通り。

石油関連株:国際石油開発帝石(1605)が前日比2.6%高の48万 円、JXホールディングス(5020)が1.7%高の556円など。東証1 部33業種の上昇率1位は鉱業、石油・石炭製品が3位だった。中国の 利上げ見送りを受け、13日のニューヨーク商業取引所の原油先物は前 営業日比0.9%高の1バレル=88.61ドル。市況上昇による在庫評価益 の上積みなどを見込む買いが優勢だった。

野村ホールディングス(8604):1.5%高の527円で、東証1部売 買代金のトップ。複数の政府関係者がブルームバーグに明らかにした ところによると、政府税制調査会は証券優遇税制について、2011年末 に迎える軽減税率(10%)の期限を1年間延長する方向で検討に入っ た。収益に好影響が及ぶとみられ、東証33業種の上昇率2位は証券。 傘下に証券を持つ三井住友フィナンシャルグループ(8316)も0.6% 高の2805円、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は0.5% 高の433円と堅調だった。

不動産株:三菱地所(8802)が2%高の1452円、大京(8840)が

4.6%高の160円など。政府税調は13日、11年度税制改正で所得税の 給与所得控除と成年扶養控除を縮小することを了承、高所得者や富裕 層に負担増を求める方向性を示した。ドイツ証券では13日の投資家向 けメモで、高所得者は節税として不動産投資を加速させる可能性が高 いとし、不動産需要の高まり、賃貸アパート建設会社や不動産仲介会 社、個人向投資用不動産を扱う企業に恩恵が及ぶとの見方を示した。

三菱自動車(7211):8.5%高の128円、午後の取引で上昇基調を 強めた。取引終了後の午後3時30分から、日産自動車(7201)と東京 都内で両社社長が出席する共同会見を行うと発表したため、双方連携 を見込む買いが膨らんだ。これに先立ち14日付の日本経済新聞朝刊は、 三菱自と日産自が提携を強化、相互にOEM(相手先ブランドによる 生産)供給する車種を拡大すると報じていた。

オリンパス(7733):3.6%高の2556円。世界シェア首位の内視鏡 の新製品投入効果から、来期(2012年3月期)以降の業績拡大が期待 されるとし、ドイツ証券では13日付で投資判断を「ホールド」から「買 い」に引き上げた。

NTN(6472):5.2%高の449円。クレディ・スイス証券は13 日、BMWや中国ローカルメーカー向けなどの新規自動車案件の獲得 効果などで、11年5月に発表される新中期経営計画がポジティブ視さ れる可能性があると指摘、投資判断を「中立」から「アウトパフォー ム」に引き上げた。

日本テレビ放送網(9404):2.4%高の1万2550円。大和証券キャ ピタルマーケッツは13日、スポット広告が足元で好調に推移している ほか、タイム広告も来期にかけて回復が見込めると指摘、投資判断を 「3(中立)」から「2(アウトパフォーム)」に引き上げた。同証が 判断「2」に上げた電通(4324)も1.5%高の2457円、テレビ朝日(9409) も4.2%高の13万7700円と上昇。

カネカ(4118):7%高の580円。有機エレクトロ・ルミネッセン ス(EL)を使った照明事業に乗り出す、と14日付の日経新聞朝刊が 報道、将来の収益寄与が期待された。同紙によると、11年春にも5色 の照明用パネルの出荷開始、15年度に売上高200億円を目指す。

幻冬舎(7843):6.1%高の26万3000円。同社社長の見城徹氏が 代表を務めるTKホールディングスは13日、実施中の幻冬舎に対する 株式公開買い付け(TOB)の買い付け価格を従来の22万円から24 万8300円に13%引き上げると発表。さらなる引き上げを期待した向 きなどから買いが入った。

泉州電業(9824):6.7%高の894円。半導体・液晶関連メーカー の設備投資増加や電力用ケーブル事業の拡大を想定、今期(11年10 月期)の連結純利益は前期比35%増の12億4000万円と見込んだ。業 績回復基調の継続などが期待された。

ゴールドパック(2589):300円(26%)高の1458円でストップ 高(制限値幅いっぱいの上げ)。なお、差引380万株の買い注文を残し た。筆頭株主のフェニックス・キャピタルが実施していた新たなパー トナーを決める入札で、丸紅傘下のアイ・シグマ・キャピタルが同社 を買収することで合意、同社株を非公開化した上で事業再構築を目指 す方針が固まった。アイ・シグマのTOB価格が1株1641円と13日 終値より42%高い水準で、さや寄せを見込む買いが膨らんだ。

持田製薬(4534):1%高の876円。ハンガリーの医薬品大手ゲデ オン・リヒターとバイオ後続品の日本での開発・販売などで包括提携 すると14日に発表、将来的な収益寄与などが期待された。

福井コンピュータ(9790):8.2%高の436円。発行済み株式総数 の13.5%に相当する自己株179万5000株について、11年1月31日に 消却すると前日発表、株式需給の改善などが期待された。

ネットワンシステムズ(7518):3.7%高の12万1800円。世界的 なストレージ製品大手のEMCコーポレーションとの関係強化などを 図り、28日付でEMCを対象に1株当たり11万6300円で自己株式 2000株を売却すると前日発表。本業への好影響などが期待された。調 達資金2億3210万円はEMC製品の購入などに充当する。

京進(4735):6.2%高の154円。都市部でゼロ歳から2歳の待機 児童を抱える世帯や教育熱が高い中高所得世帯向けの保育園の直営チ ェーンを開始する、と13日に発表。将来的な収益寄与やノウハウの蓄 積などが期待された。

システム・テクノロジー・アイ(2345):13%高の8万1500円。 米アップルのタブレットPC「アイ・パッド」向けに「iStudyViewer」 のダウンロードサービスを開始した、と前日発表。会社側は販売目標 高や業績影響は軽微としたが、話題先行で買いがが優勢だった。

フジコーポレーション(7605):2.1%高の484円。一時520円と 連日の年初来高値。休日高速料金上限1000円の効果でタイヤ需要が増 えたなどとし、10年10月期純利益は前の期に比べ59%増の4億8500 万円と従来計画の3億1200万円を上回ったもよう、と前日午後に発表。 好業績への評価が続いた。特別配当1株当たり5円を含み、年間配当 は20円と従来から8円上積みする。14日昼の本決算発表で示した11 年10月期の純利益予想は4.5%増の5億700万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE