アルジェリア:日本企業側に1000億円超未払い、高速道路建設-朝日

北アフリカのアルジェリアで鹿島、 大成建設、西松建設、ハザマ、伊藤忠商事の共同企業体(JV)が5400 億円で受注した「東西高速道路」の東工区(約400キロ)をめぐり、 アルジェリア側が契約通りの構造になっていないなどとして完成区間の 代金1000億円超を支払っていないと14日付の朝日新聞朝刊が報じた。日 本政府が仲介に乗り出しているという。情報源は明示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE