米上院:減税延長法案を採決に持ち込む動議、可決に必要な票を確保

米上院本会議では、オバマ大統領と 共和党の間で妥結した8580億ドル規模の減税延長法案の審議を打ち切る 動議の採決が行われており、賛成票が可決に必要な数に達している。14 日の最終採決に持ち込むには60票が必要で、これまでに70議員以上が賛 成票を投じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE