ブラジル株:ボベスパ指数は続伸、中国の利上げ見送りで商品株高い

13日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が続伸、約2週間ぶりの大幅上昇となった。中国の 利上げ見送りで商品株が買われたほか、国内総合物価指数の伸びがエ コノミスト予想を下回ったことが支援材料となった。

ニューヨーク原油先物相場の上昇を受け、ブラジル石油公社(ペ トロブラス)が高い。住宅建設のイーブン・コンストルトーラは大幅 高。シレラ・ブラジル・レアルティが同社買収に向け交渉中だと、ニ ュースレターのレラトリオ・レゼルバードが伝えたことが手掛かり。 市場で金利先高観が後退したことから、住宅建設のMRVエンジェニ ャリア・エ・パルチシパソンエスを中心に不動産株が買われ、同業種 株は約2週間ぶり大幅高となった。

レメ・インベスチメントスの運用担当者ジョアン・ペドロ・ブル ガー氏は「中国の利上げ見送りはプラスだ」と指摘。また「消費関連 株は打撃を受けてきたが、ブラジルでは来年も非常に強い経済成長が 見込まれている」と述べた。

ボベスパ指数は前週末比1.1%高の69126.32と、1日以来の大幅 上昇となった。同指数構成銘柄のうち値上がりは46銘柄、値下がりは 22銘柄。BM&Fボベスパ小型株指数は同0.8%高。通貨レアルは

0.8%高の1ドル=1.6939レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE