英国債:続落、株高で需要減-10年債利回り6カ月ぶり高水準に迫る

英国債相場は続落。株式相場の 上昇を背景に、比較的安全とされる国債に対する需要が後退した。

10年債利回りはほぼ6カ月ぶり高水準まで3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)に迫った。10日に発表された12月の米消 費者信頼感指数が6カ月ぶり高水準に上昇するなど、先週発表の米経 済統計が予想を上回る内容だったことから、高リスク資産に対する需 要が高まった。中国が利上げを見合わせたことを受け、アジアの株式 相場は上昇。英国株式の指標であるFT100種指数は0.8%高と、2 日以降で最大の値上がりとなった。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジスト、 ピーター・チャットウェル氏は、「株式相場が大幅に上昇したことか ら、安全需要の後退に伴い英国債相場が下落した」と指摘。「10年債 利回りを3.5%の水準に維持するのは難しいだろう」とも語った。

ロンドン時間午後4時半現在、10年債利回りは4bp上昇の

3.56%。同国債(表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は0.35 ポイント下げ109.30。9日には3.58%まで上げ、6月15日以来の 高水準を付けた。2年債利回りは1.16%と、前週末から6bp上昇し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE