米医療保険改革法、加入義務付けに違憲判断-連邦地裁判事

オバマ政権が推進した大部分 の国民に最低限の医療保険の加入を義務付けた法律について、米連 邦裁判所の判事は違憲との判断を示した。これにより、医療保険改 革の中核部分が無効となった。

バージニア州リッチモンドの連邦地裁のヘンリー・ハドソン判 事は13日、医療保険改革法での加入義務付けは、各州間での通商を 規制する議会の権限を越えていると指摘した。ただ、同判事は 2014年実施予定の加入義務付けを無効とする一方、メディケイド (低所得者向け医療保険制度)の拡大などほかの条項については判 断を示さなかった。

ハドソン判事は、改革法にある最低限の加入義務について定め た条項は「憲法がうたっている議会の権限を越えている」と説明し た。同判事はブッシュ前大統領に指名されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE