スペインの銀行、11年まで再建基金利用の必要ない-中銀総裁

スペイン銀行(中央銀行)のオル ドニェス総裁は、国内銀行が来年、同国の銀行再建基金(FROB) からの追加資金を必要とすることはないとの見通しを示し、金融機関 に対する投資家の見方は現実よりも悪いと指摘した。

スペインは当初資金90億ユーロ(約1兆円)でFROBを設立。 基金は最大900億ユーロの借り入れを行うことができる。これまでに 貯蓄銀行に約110億ユーロを拠出した。

オルドニェス総裁は13日にマドリードで開かれた会合で、「2011 年に追加の資金ニーズが生じるとは予測していない」と述べ、FRO Bの規模が目指すものは「市場の沈静化であり、安全装置があると伝 えることだ。資本構成の変更が必要な場合は、銀行はそうされるだろ う」と述べた。

スペイン中銀は銀行に対し、不動産業界向け投融資や住宅ローン の帳簿などの追加情報の提供を求めている。情報は来年から四半期ご とに公表される予定。オルドニェス総裁は「われわれはこの全てを実 施する必要がある。現実に対する見方が現実よりもはるかに悪い場合、 最善の対応は詳細にわたって説明することだからだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE