日本の社債保証コストが低下、日経平均、7カ月ぶりの高値-CDS

13日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、日本の社債保証コストが低下した。日本株 は、日経平均株価が7カ月ぶりに高値を更新、米景気の安心感から輸出 関連株も上昇した。

複数のトレーダーによると、日本の投資適格級発行体で構成するマ ークイットiTraxx日本指数が午前に100ベーシスポイント (1bp=0.01%)で取引された。その後は徐々に下げて夕方には98.5bpで 取引が成立し、CMA提供の10日のニューヨーク終値と比較して2.7bp 低下した。

ドル建て日本ソブリンの5年物は71bpと70bpで0.8bpの低下となっ た。同2013年3月までのCDSは34bpで取引が成立した。

ほかに個別では輸出関連銘柄の5年物が低水準で取引された。           新日本製鉄が2.5bp低下して54bp、日立製作所は5.1bp低下の55bp、           シャープは2.4bp低下の42bp、NECは4.7bp低下の59bp、パナソニック の5年は1.4bp低下の33bpで取引が成立した。

前週の武富士の過払い金にかかわる報道で上昇したアコムのこの日 の取引は確認されていないが、CMAの東京での気配値は563.8bpで、前 週末より13.5bp高かった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE