香港株(終了):上昇、中国の利上げ見送りを好感-華潤電力など高い

香港株式相場は反発。中国人 民銀行(中央銀行)が利上げを見送ったことを好感したほか、世界 の経済成長が勢いを増しつつあることを示す経済指標を手掛かりに、 前週末の下落から反転上昇した。

中国本土の電力会社、華潤電力(チャイナ・リソーシズ・パワ ー・ホールディングス、836 HK)は6.3%高。米ナイキの靴を受 託製造する裕元工業(551 HK)は3.4%の値上がり。12月のロイ ター・ミシガン大学米消費者マインド指数が半年ぶり高水準となっ たことを好感した。

香港の不動産仲介会社、美聯集団(ミッドランド・ホールディ ングス、1200 HK)は6.8%上昇。同業のセンタライン・プロパテ ィー・エージェンシーが、住宅取引が加速したと発表したことが材 料視された。時価総額で香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・ プロパテ ィーズ(新鴻基地産発展、16 HK)や同2位のチョンコン・ ホールディングス (長江実業集団、1 HK)も高い。

ハンセン指数は前週末比154.70ポイント(0.7%)高の

23317.61で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.7%高 の12751.82。

11日に発表された中国の11月の消費者物価指数(CPI)は 前年同月比5.1%上昇と、エコノミスト予想を上回るインフレとな った。人民銀は20日付で市中銀行の預金準備率を50ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)引き上げると発表。引き上げはここ 5週間で3度目となる。政策金利の引き上げは差し控えた。

「ドレイファス・グレーター・チャイナ・ファンド」を共同で 運用するヒュー・サイモン氏はブルームバーグテレビジョンとのイ ンタ ビューで、中国「政府は現段階で、預金準備率をより有効な政 策ツールとして用いているようだ」と指摘。「政府はインフレについ て若干の圧力低下を必要としている。2008年とは異なり、今回の インフレは所得の上昇に伴い需要サイドからきている」と分析した。

-- Editors: John McCluskey, Tan Hwee Ann

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Gentle at +852-2977-6545 or ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE