高級ボルドーワインのオー・ブリオン:富豪引き付ける2000年来の味

フランスの郊外にある小さな町 ペサックでボルドーワインが生まれたのは1世紀ごろのことだ。

ペサックの土壌は、数千年にわたって聖者や悪人、富豪を問わずさ まざまな人々を引き付けてきた。人々は優れたボルドーワインやその生 産者に与えられる格付けクリュ・クラッセを冠するビンテージワイン、 シャトー・オー・ブリオン1本に5000ドル(約42万円)を超える価格 を支払う。一口ふくむのも高価な体験だ。

世界で最も希少で高級なワインのうち5本の指に入るワイナリーの マネジャー、ジャンフィリップ・デルマ氏は「どのようにしてこうなっ たか簡単には説明できない」と述べ、父や祖父がそうしたように「結局 は何もかも彼次第だ」と天を指さした。

2000年以上前、ジロンド川の西岸数マイルの一体に住んでいた部 族がブドウの種をまいたのが全ての始まりだった。それをきっかけに数 十億ドル規模の最高級ワイン産業が開花していった。ブドウの収穫は天 候次第。ブドウは年間1万-1万1000ケースのオー・ブリオンに姿を 変える。

にわか雪が降るなか、124エーカー(約50ヘクタール)のワイン 畑を歩くデルマ氏(41)はボルドーの最も立派なワイナリーの1つを維 持する費用について考えを巡らせ、「オー・ブリオンを作るコストにル ールなどない」と語った。

希少な白

それでも細かな計算がなされている。ブドウの木1本で50センチ リットルの赤ワインが作られる。6.5エーカーで毎年作られるのはさら に希少なオー・ブリオンの白ワイン5000-6000本。等級に応じて1本 当たり251ユーロ(約2万8000円)から3049ユーロで販売される。

オー・ブリオンの価格はラフィット・ロートシルトやムートン・ロ ートシルト、ラトゥールやマルゴーなどの1982年、2000年ほど高く はないが、1945年や1959年、1989年のビンテージは他の銘柄を上回 る。

ロンドンのワイン取引所Liv-exによると、例えば1989年物 の価格は1ケース当たり1万8075ドル。これは、ラフィット1989年 を約50%上回り、他の高級ワインの価格の3倍以上に上る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE