中国:2011年の新規融資目標は少なくとも7兆元-関係者

中国政府は2011年の新規融資 目標を少なくとも7兆元(約88兆円)に設定する見通しだ。事情に 詳しい関係者2人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、政府は同年のイン フレ目標を4%、成長率目標を8%とする。マネーサプライ(通貨供 給量)の伸びは16%を目標とする。関係者の1人によれば、新規融資 の数字は最終決定ではなく、変更される可能性もある。

7兆元を超える融資上限は、UBSとバンク・オブ・アメリカ (BOA)のエコノミストがここ1カ月に示した予想を上回る。当局 は融資抑制策をさほど強化しないことになる。中国では09年の記録 的な与信拡大がインフレ加速と住宅値上がりをもたらし、当局は今年、 融資抑制に動いた。

BNPパリバの上海在勤在勤アナリスト、ドリス・チェン氏は 「市場にとって前向きな驚きだ。銀行株の上昇につながる公算が大き い」と述べた。中国「経済は、既存プロジェクトを継続させこれらが 頓挫して不良債権化するのを防ぐために、この程度の与信が必要だ」 と分析した。

中国人民銀行(中央銀行)は10年の融資の上限を7兆5000億元 に設定したが、11月までの累計は既に上限に接近している。中銀は先 週末10日に、預金準備率引き上げを発表した。

国務院当局者にコメントを求めたファクスへの応答は得られてい ない。中国人民銀行(中央銀行)報道官への電話での問い合わせにも 返事はない。

UBSとBOAのエコノミストは来年の新規融資の上限を6兆 5000億-7兆元と予想していた。胡錦濤国家主席や温家宝首相ら中国 の指導部は週末に北京での中央経済工作会議で、11年の経済政策の方 針を協議した。

関係者の1人によれば、今年の新規融資は簿外融資や融資に転換 される短期証券を含めると、公式の数字が示唆する水準を上回る可能 性がある。

中国国家統計局が11日発表した11月の中国消費者物価指数(C PI)は前年同月比5.1%上昇だった。住宅向け融資の制限などにも かかわらず高水準となり、来年の急激な引き締めのリスクを高めてい る。

国営の新華社通信によれば、中国指導部は物価安定と流動性管理 を11年の優先課題とする方針を決めた。温首相が来年の経済政策の 課題と主要目標を説明したと新華社が12日報じた。

--John Liu . Editors: Chitra Somayaji, Paul Panckhurst

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: John Liu in Beijing at +86-10-6649-7565 or jliu42@bloomberg. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bruce Grant at +852-2977-6452 or bruceg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE