韓国中銀総裁:韓国は為替変動を減らす措置が必要

韓国銀行(中央銀行)の金仲秀総裁 は、通貨ウォンの急激な変動は金融市場の安定の妨げとなるため、同国 はボラティリティ(変動性)を減らすためのマクロ・プルデンシャルな 措置が必要だとの見解を示した。総裁はまた、資本規制措置を導入する 場合は、国際基準と合致しなければならないと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE