米ファイザー、肺病治療薬「テリン」をリコール-臨床試験も中止

製薬最大手の米ファイザーは、 肺動脈高血圧症治療薬「テリン」について世界的なリコール(無料の 回収)を実施し、臨床試験を中止している。生命を脅かす恐れのある 肝臓障害との関連が判明したためだという。

同社は10日の発表資料で、新たな患者にテリンを処方するべき ではなく、投薬中の患者については他の治療法に変えるべきだとして いる。

肺動脈高血圧症は、肺動脈の血圧が上昇し息切れをもたらす病気。 テリンは欧州連合(EU)とカナダ、オーストラリアで販売されてい る。米国では認可されていない。ファイザーの広報担当者、カーティ ス・アレン氏によれば、同医薬品の2010年1-9月の売上高は4440 万ドル(約37億3000万円)だった。

ファイザーは08年2月に実施した1億9500万ドル規模の米エ ンサイシブ・ファーマシューティカルズ買収に伴い、テリンを獲得し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE