ゴールドマン:プリンシパル戦略責任者らが引退へ-関係者

米ゴールドマン・サックス・グ ループの証券取引所への投資部門責任者とロンドンの株式部門幹部2 人が引退する。ウォール街の全金融機関の中で、株式トレーディング の収入は同社が最大。

ブルームバーグ・ニュースが入手した8日付の同社従業員向けの メモによると、プリンシパル戦略投資部門の責任者、フィリップ・ハ イランダー氏(42)が年末に引退する。引退後は同社の顧問を務める という。

一方、欧州セールストレーディングの責任者、マシュー・サイザ ー氏と欧州トレーディング責任者のジョン・アシュダウン氏(42)も 引退する。事情に詳しい関係者1人がこの引退人事が公表されていな いことを理由に匿名で語った。サイザー、ハイランダーの両氏は2002 年にドイツ銀行からゴールドマン入りした。ハイランダー氏がパート ナーとして入社したのに対し、サイザー、アシュダウンの両氏は04 年にパートナーに昇進している。

ロンドンの幹部人材あっせん会社ケネディ・グループのジェーソ ン・ケネディ最高経営責任者(CEO)は、彼らは十分な時間をかけ て部下の育成などに当たったと指摘。「ハイランダー、アシュダウン 両氏のように引退にふさわしい十分な業績を上げてきた人物には退く だけの正当な理由がある」と語った。

アシュダウン、ハイランダー両氏に取材を試みたがまだ回答は得 られていない。サイザー氏はコメントを控えた。ゴールドマンの広報 担当、ソフィー・バロック氏(ロンドン在勤)はコメントを拒否して いる。各氏の後任は指名されていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE