仏クレディ・アグリコル:PEファンド持ち分売却を検討-関係者

時価総額でフランス3位の銀行、 クレディ・アグリコルは、プライベートエクイティ(未公開株、PE) 投資ファンド関連の持ち分、約5億ユーロ(約554億円)相当を売却 する可能性がある。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

協議が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところに よると、売却対象は仏国内の中規模レバレッジド・バイアウト(LB O)・ファンドなどの資産で、同行は買い手候補と接触している。同行 の広報担当、アンヌソフィー・ジャンティユ氏はコメントを控えた。

銀行規制強化や高リスク資産に対する自己資本規制の厳格化を受 けて、米シティグループや英ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド(RBS)はPE関連投資の処分を図っており、クレディ・アグリ コルもこうした動きに追随する。

クレディ・アグリコルのウェブサイトによると、同行はLBOや ベンチャーキャピタル、メザニンなどのファンド、約30億ユーロ相当 を運用している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE