石井表記株が上昇、太陽電池ウエハー伸び9カ月決算は営業増益転換

プリント基板製造装置メーカー最 大手の石井表記株が一時、前週末比1%高の774円と上昇。太陽電池 ウエハーなどの売り上げ伸長が寄与し、2-10月期(第3四半期累計) 連結営業損益は前年同期の赤字から黒字に転換したため、足元の業績 改善を評価する買いが優勢になった。

同社が10日の取引終了後に発表した2-10月連結決算によると、 売上高は前年同期比41%増の131億円、営業損益は前年同期の5億 6700万円の赤字から、2億3800万円の黒字に転換した。同社の総務 担当の近藤孝紀氏によると、営業黒字転換の大きな要因は太陽電池ウ エハーなどの売り上げが伸びたことだという。一方、純損失は4億 2900万円と、前年同期の4億300万円からやや赤字幅が拡大。世界的 にセルやモジュール価格が大幅に下落したことなどが響いた。

また、近藤氏によると、石井表記ソーラーを連結子会社化した際 に引き継いだ債務超過額と同社予想との差額である3億円をのれんの 減損損失として計上しており、今期(2011年1月期)の連結営業損益 予想は5800万円の赤字を据え置いた。また、9月2日に発生した連結 子会社の石井表記ソーラーへ賃貸している太陽電池ウエハー製造工場 の火災事故による損害額については、未確定としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE