スクエニH株小安い、PS3用FF最新版の発売延期へ-時期は未定

スクウェア・エニックス・ホール ディングス株が一時、前週末比0.9%安の1585円と小幅続落。来年3 月上旬に予定していた人気ゲームソフトシリーズ「ファイナルファン タジーXIV」の発売延期を発表したため、今後の業績への影響を懸 念する売りが先行した。

同社が10日に発表したリリースによると、「ファイナルファンタ ジーⅩIV」のプレイステーション版3版の発売を、現状のWindows 版の単純移植ではなく、さらに改善したものとするため、発売を延期 する。発売時期は未定。また、Windows版に関しては無料期間を継続 するという。

メリルリンチ日本証券の吉田理美アナリストは10日付のリポー トで、FF14のプレイステーション3版の発売時期を2012年3月期 下期初、Windows版の課金開始を12年3月期初と想定した場合、12 年3月期の同2タイトルの営業利益は53億円と試算。プレイステーシ ョン版の開発コスト計上タイミングがずれ込むことで、「ダイレクトに 10億円程度のネガティブ要因」になるとし、従来予想の63億円から 10億円減額修正した。

同証では、スクエニH株の投資判断「中立」を継続、目標株価も 従来の1700円で据え置いた。12年3月期の連結業績については、売 上高で前期推定比14%増の1750億円、連結営業利益は77%増の300 億円と見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE