米スーパーマーケットのA&P、連邦破産法11条の適用申請

101年の歴史を持つ米スーパー マーケット運営会社、グレート・アトランティック・アンド・パシ フィック・ティー(A&P)は、連邦破産法11条に基づく会社更生 手続きの適用を申請した。大規模な小売店やドラッグストアとの競 争が激しくなる中、事業の立て直しに失敗した。

A&Pは12日、ニューヨーク州のホワイトプレーンズにある連 邦破産裁判所に破産法11条の適用を申請した。資産と負債は総額 10億ドル(約840億円)余り。スーパーマーケット395店舗やその 他の店舗を展開している同社の従業員数は4万1000人。

10万を超す債権者を抱える同社は、手続きコストを抑える必要 があるとして、関連54社の破たん申請の統合を承認するよう裁判所 に要請した。

同社の広報担当ローレン・ブルーノ氏に電話でコメントを求め たが、今のところ返答はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE