日経平均5月来高値、米景気安心で全業種上昇-午後じり高

週明けの日本株相場は反発し、日 経平均株価は終値で5月14日以来の高値を更新した。米国で前週末に 発表された消費者マインド指数が市場予想を上回るなど、米景気動向へ の安心感から機械や電機、自動車、化学など輸出関連株が上昇。一部ア ナリストの投資判断引き上げを受けて鉄鋼株も買われ、東証1部33業 種はすべて高い。

日経平均株価の終値は前週末比81円94銭(0.8%)高の1万293 円89銭、TOPIXは同9.18ポイント(1%)高の897.40で、両指 数ともこの日の高値引け。特に午後の取引では、預金準備率引き上げ後 の動きが注視された中国株が堅調に推移、国内債券先物が下落基調を強 めた影響が及び、先物主導でじり高の展開となった。

MU投資顧問株式運用部の野田清史チーフファンドマネジャーは、 「米国景気は思った以上に良い。ドル安効果で輸出が伸びている上、株 高で消費も増えている。金融緩和による効果が表れており、米景気の過 度の悲観論は後退している」と指摘。足元はドル高・円安傾向であり、 日本株も「もみ合いながらも、強めで推移するだろう」との見通しを示 した。

テクニカル指標から見た高値警戒感が漂う中、相場は午後に入って 徐々に上げを拡大し、予想外の強さを見せた。東証1部の騰落状況は値 上がり銘柄数1354と、全体の8割が上昇。売買代金は1兆3050億円と、 前週の平均(先物特別清算値算出日の10日を除く)1兆2954億円を上 回った。

中小型株強さ見せる

東証1部の規模別指数を見ると、大型株価指数は前週末比0.9%高 にとどまる一方、中型株価指数は同1.3%高、小型株価指数は1.4%高 と、相対的に中小型株のパフォーマンスが良かった。直近の上昇相場を けん引してきた大型株は次第に上値が重くなっているが、投資資金は横 の広がりを見せ始めている。岩井証券イワイリサーチセンター長の有沢 正一氏は、「日経平均の上昇を見て、個人投資家が動き出したようだ」 と話していた。

投資家マインドを好転させているのが、米景気と株式動向だ。市場 予想を上回る経済指標の発表が相次いでいる上、S&P500種株価指数 が終値ベースで2008年9月19日以来の高値を更新するなど、米株式相 場は上昇を続けている。10日公表の12月のロイター・ミシガン大学消 費者マインド指数速報値は74.2と、6月以来の高水準となり、ブルー ムバーグ予想(72.5)を上回った。また、10月の貿易収支(国際収支 ベース)は387億ドルの赤字と、前月から赤字幅が13%縮小した。

米景気改善を受け、TOPIXの上昇寄与度上位には電気機器や機 械、輸送用機器、化学などが並んだ。また、JPモルガン証券が10日 に投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた新日本製鉄、JFEホ ールディングスを中心に鉄鋼株が上昇。機械株では、クレディ・スイス 証券が判断を上げたSMCが反発した。

ラウンドワンが大幅高

個別では、カラオケ新機器の導入効果などで客足が戻っているラウ ンドワンのほか、野村証券が10日付で「進めてきたビルの建て替えの 効果を享受する局面に入った」などと評価し、投資判断を新規「買い」 としたヒューリックが大幅高。また「経営の健全化のための計画」を見 直し金融庁に提出したあおぞら銀行や、公的機関からの人材育成などで 11年10月期の営業利益を前期比2.5倍と計画した学情も上げた。

半面、書籍市場の低迷で、11年1月期の連結純損益予想を一転赤 字に下方修正したCHIグループ、自己株式の取得を10日付で中止し た角川グループホールディングスが下げた。

ジャスダック指数は7月来の高値

国内の新興市場は上昇。ジャスダック指数が前週末比0.8%高の

51.49と、7月12日以来の高値。東証マザーズ指数は同2%高の

409.22と、6月24日以来の高値を更新した。個別では、主力のホーム 介護事業の入居率向上などで、11年10月期の連結営業利益を前期比 13%増と見込むロングライフホールディングが急反発。サイバーエージ ェントやプライムワークス、イー・ガーディアン、セブン銀行も高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE