ECBが国債購入を強化-先週26.67億ユーロに拡大

欧州中央銀行(ECB)は先週、 国債購入規模を拡大した。ユーロ圏各国政府の赤字削減能力に対して 投資家の懸念は払しょくされていない。

ECBは先週に26億6700万ユーロ(約2980億円)相当の国債 購入を完了したことを13日明らかにした。これは7月2日終了週に 40億ユーロを購入して以来過去23週間で最大の購入額。前週の決済 額は19億6500万ユーロだった。ECBは5月10日に開始した国債 購入プログラムによって生じた720億ユーロの流動性を吸収するため、 14日に7日物預金の入札を実施する。

ナティクシスの債券ストラテジスト、サイリル・レグナット氏は 「ECBの購入額はプログラム開始時の規模に比べるとなお非常に小 さい」と指摘。「しかし、市場にとっては前向きなメッセージになる」 と述べた。

ECBは2日、市中銀行への無制限流動性供給を2011年1-3 月(第1四半期)いっぱい継続すると明らかにした。アイルランド向 けの救済パッケージを取りまとめた後も市場の混乱の沈静化には至ら なかったことが背景。ECBのトリシェ総裁は同日、国債購入は「一 時的な性質のもの」だと述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE