住商:米モリコープからレアアース供給で合意-109億円拠出

住友商事は13日、レアアース(希 土類)生産大手の米モリコープと来年2月からのレアアースの日本向け 供給で合意したと発表した。住商はモリコープが必要とする設備投資資 金1億3000万ドル(約109億円)を拠出する。中国に大きく依存してい るレアアースの新たな安定調達先を確保する。

住商が拠出する資金の内訳はモリコープの新株引き受けで1億ド ル、融資が3000万ドル。モリコープは生産を停止していた米カリフォル ニア州のマウンテン・パス鉱山の再稼働や新規の設備投資の資金に充て る。

住商は2011年2月から年間2500トンのセリウム、ランタンと250 トンのジジミウムの供給を受ける。日本が中国以外からまとまった量の レアアースを調達する初のケースになるという。12年後半の新規設備の 建設完了後にはセリウム、ランタンの調達量を年間3000トンに拡大す る。

今回の資金拠出に関して住商は独立行政法人の石油天然ガス・金属 鉱物資源機構(JOGMEC)の金融支援を要請する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE