アイルランド、「好機が来る」まで国内銀売却の可能性低い-グラス

アイルランド政府は、「好機が来 る」まで国内の銀行を外部の投資家に売却することはできないだろうと の見方をダブリンの債券専門証券会社、グラス・セキュリティーズが示 した。アイルランド中央銀行は、国内行の資本および流動性の検査を来 年1-3月(第1四半期)に完了する。

グラスは13日付の顧客向けリポートで、「アイルランド政府が銀 行へのエクスポージャー除去に努める中、政府にとって外資系銀行によ る経営権取得が明確な着地点だ」と説明した。

グラスはまた、アイルランド中銀による流動性検査の一環として、 銀行は向こう3年で「500億-750億ユーロ(約5兆6000億-8兆 4000億円)のレバレッジ解消目標」を定められる公算があると記した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Joe Brennan in Dublin at +353-1-5239-522 or jbrennan29@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dara Doyle at +353-1-523-9521 or ddoyle1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE